かゆいうま日記と同じような体験は学生の頃経験してると思います。

あ ちなみに日記は英語でダイアリーとジャーナル
とありますが こういった人に見せるつもりが無いけど
書くのは ダイアリー。

ブログなんかに乗せて人に見てもらう日記は
ジャーナルを使います。

実際には ダイアリーの方を一緒くたにしてますけど。
ってこれ前にも説明した気がする。うま。

そして
このかゆうまダイアリーですが
初代バイオハザードに出てくる
飼育員が
1998年5月9~5月21日までに書き残した手記です。

詳しい全文は載せるのがめんどくさいのでコッチを見てください。

日記を書いてから3日後の5月11日に
生物災害(バイオハザード)発生の模様。
そこから徐々に人ではなくなっていく様子が
日記を通してわかるわけです。

日記を読み終えた後に後ろのクローゼットから
かゆうまゾンビが襲ってくるのは怖かったです。

意識に異常が見られるのが
5月11日の事故発生から5日後の
5月16日から顕著に異常が見られますね。

学生時代に眠くなったことありませんでしたか?

ゾンビなんかなりようが無いので

どんな気分なのか分かりませんが
一つ良い例えがありました。それは

学校の授業で眠いのを我慢して
意識朦朧しながらノートを取っていたら
文字がミミズみたいになっていた。

これが一番近い状況かなと思います。
みんなもこんな経験ないですか?

なのでみんな「かゆうま」体験をしてる!って
結論に達しました。

で問題の意識朦朧とし始めた研究員の
手記を抜粋したのが↓になります。

May 16, 1998
昨日、この屋しきから逃げ出そとした研究いんが一人、
射さつされた、て はなしだ。
夜、からだ中 あついかゆい。
胸のはれ物 かきむし たら 肉がくさり落ちやがた。
いったいおれ どうな て

May 19, 1998
やと ねつ ひいた も とてもかゆい
今日 はらへったの、いぬ のエサ くう

May 21, 1998
かゆい かゆい スコット― きた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。

4
かゆい
うま

徐々に思考能力が低下してるのが分かります。

もう一個例を挙げると
何かの特殊訓練だったと思うんですが
低酸素状態の中で簡単な計算問題を続けると
簡単なハズの足し算やら引き算すらもだんだんと
解けなくなっていく。というのを以前TVで見ました。

これもかゆうま状態といえますね。

結論:からいけど美味いのは カレーライス。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください