3月20日 日本が終わるかと思った 地下鉄サリンテロ事件の日でした。

Cさん
「日本は国内勢力のテロこそ対策するべきでしょう。」

地下鉄サリン事件という名の無差別テロ事件

1995年3月20日 東京地下鉄 千代田、丸の内、日比谷線で
同時多発テロが発生しました。

使われたものが神経ガスのサリンだったので
地下鉄サリン事件と名づけられました。

当時のマスコミ報道はどんな感じだったの?

当時中学生でしたが 連日報道という感じでした。

犯行がオウム真理教だと分かると アジトに強制捜査に向かうシーンは
今でも覚えていますね。

最近のシリアでの邦人人質事件でテロの標的に!!と騒いでいますが

すでに20年前に 国内勢力による大規模なテロが発生しているのです。

ちなみに最近 ツイッターで頓珍漢発言を繰り返している
有田ヨシフ氏は このオウム問題からメディアに登場して有名になりました。

Aさん
「当時まともな人だと思ってたんだけどね。まだネットも普及してなかったし仕方ないのかも知れないけど。」

 

その後どうなったの?

これほどの事件を起こした組織です。そんな組織を完全に
消滅させるような法律は無いのでしょうか?

そういったことが出来るのが破壊活動防止法という刑法なのです。

暴力主義的破壊活動を行った団体に対し、規制措置を定めると共に、
その活動に関する刑罰規定を補正した日本の法律。
特別刑法の一種。全45条。略称は破防法(wiki引用)

ですが

この破防法は適用されませんでした。
既に関係者など逮捕されており 脅威でなくなったからとの事ですが
実際は当時の政権が踏み切る決断が出来なかった。
前例を作りたくなかった政権だったのでしょう。

破防法一歩手前の組織なら存在

一歩手前というか調査対象としてマークされている団体が
存在しています。

それが

日本共産党や朝鮮総連
そして右翼団体などが公安に調査対象としているのです。
極左団体も同じです。

拉致に関与しているであろう総連あたりは破防法適応されても

おかしくないのですけど。これも日本が普通じゃないからでしょう。

 

1995年って阪神淡路が1月 そしてこのサリン事件が3月と
かなり 日本が混沌とした年だったことを今でも思い出します。

Aさん「そういえば しょーこ
しょーこ って歌が流行ったよね。
今のリズムネタ芸人ばりにまねしてたね。」

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください