もっとも信頼するメディアとは?

Cさん
「世代によって信頼するメディア媒体が異なる事が
分かりました。あなたはネット派?TV派?何も見ない派?」

2012年のアンケート調査

信頼出来るメディアはどれですか?
・NHK:30.1%
・民放のテレビ:6.6%
・新聞:18.4%
・ラジオ:2.5%
・雑誌:0.7%
・インターネットのニュースサイト:5.3%
・インターネットのクチコミ:2.8%
・2ちゃんねるなどのインターネット匿名掲示板:1.9%
・この中にはない:31.9%

既存メディアと言われるのがTVと新聞
そして新しいメディアと言われるのがネット

既存メディアは一応50%の信頼を得てると言えますが
これも世代によって差がありまくりです。若い世代ほど
既存メディアを信じておらず
50代以上の人程 既存メディアを信用している結果だったとか。

ここで日本の年齢別割合を調べてみたので紹介します。
2011年統計局のホームページ参照にしました。

総人口1億2779万人
10代~40代の人口が 合計4415万人 総人口の約34%
50代~それ以上   合計5479万人 総人口の約42%

とりわけ20代~30代もしくは40代あたりくらいまでが一番ネットに触れる機会が
多い世代だと思います。ツイッターやらラインを含めると10代からも触れているので
情報を得るのは早い世代ですね。

このままいくと

既存メディアの信頼度は下がる一方

だという事だけは
年齢別人口分布を見て 勝手に納得できるかと思います。

既存メディアを信じてる人がどんどん寿命とかで減っていき
どんどん信じてない世代が繰り上がっていくわけですから。

ネットの情報といっても出所は新聞TVと同じ

ここがポイントなんですよね。

TVもネットも新聞も情報源は共通なんです。だいたい。

その情報に対して
朝日新聞なら朝日新聞の都合のよい解釈で書いた記事を読むのか?

それとも
加工されていない情報源をそのまま確認して事実だけを信じるか?

その違いなんだと思います。

ネットに真実がある!というより
TVの場合新聞の場合 勝手に加工して自分たちの都合が良い
報道をしているだけなのです。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください