2016年大河ドラマを見ての感想

ニキビ用プロフィール
「とりあえず次見てみようと思える
楽しみな大河だと思っています。」

脚本は誰だよwああ やっぱりね

脚本:三谷幸喜の時点で悪い予感がしましたが
第1話だけ見た限り あのギャグがいい方に作用していると
思いました。

「次 おかしなギャグを言うのはいつだ?」

こういう風に考えてしまい それが長く集中して
ドラマを見ることが出来る要因になっているのでは?と
勝手に思いました。

ただ このギャグも多くなると うざいだけですけど
あの程度なら 自分的にはOKでした。
第1話のギャグは大きく2つだったかと思います。
2つ目以降もどうせあるだろうと 真剣に見入ってましたが
あとは 真面目な展開でした。

そういえば
2006年の大河ドラマ 功名が辻で三谷氏本人が
将軍足利義昭を熱演されていましたが ほぼお笑いキャラみたいな
扱いだったように思います。

武田信玄が上洛すると報告されるや
狂喜乱舞して

信玄病死の報告を受けた際には

「え?」と

とぼけた顔をしていたのを思い出しましたw

1話見逃した!→土曜に再放送がある!

今作品が初めての大河ドラマという人に朗報です。
倍返しの人が出てるから
それキッカケで初めてという人もいるかも知れません。

ネットの評判とかで 第1話を見てなかったけど
やっぱり見たいという人は再放送を見ましょう。

HNKでは1月10日に第1話が放送されましたが
再放送は翌週の土曜日

例えば
第1話再放送1月16日(土曜日)お昼から放映

というのが定番となっています。
なので今からでも第1話を見ることは可能です。

最後に

感想に関しては今後ブログでは あまり書かないと思います。
とりあえず1話の様子だけ書いて あとは あまり使っていない
ツイッターで呟こうかと思っています。

大河関連としては 視聴率や武将の評価などを中心に
まとめていきたいと思っています。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください