捏造を何度起こせば 新聞社が潰れるのか社会実験でもある。

ツイッターで朝日の正体を
最近知ったAさん
Aさん「なんちゅー新聞や!

また捏造や! これはありえんわ!」

 

Cさん「うーむ 吉田調書まで
捏造報道ですか・・」
「初期報道の時期といい なにか匂いますね」

注目するのはセウォル号沈没事故と吉田調書捏造の時期

セウォル号沈没事故が  2014年4月16日

朝日新聞吉田調書捏造が 2014年5月20日

ここで セウォル号沈没事故を思い出してみると
無責任すぎる船長などが注目されました。

世界中が
「韓国って ホントにどうしようもない国だな。」

と思った事でしょう。

そして

間髪入れずといっても良いタイミングで
この吉田調書を勝手に歪曲解釈捏造して報道。

もし 朝日新聞のいう通りだったなら

「日本って 実はどうしようもない国だったんだな。」

となっていたでしょう。

「ほら! 日本だって 無責任な連中がいるんだよ!
韓国だけじゃなかったんだよ!」

とでも言いたそうに思えました。

実際 ここまでは推測ですが
これまでの 朝日新聞の報道姿勢を見ると
この説は 多少なりにも 信憑性があると思っています。

最低でも
「日本の地位を貶める」という目的を
朝日新聞が持ってる事は ほぼ確実だと言えます。

今後は どうなるのか? そして我々はどうするべきか?

大手新聞社が倒産って初めての事になるのか?

みんな廃刊しろと言いますが
正直 厳しいでしょう。
企業としてやっていけない部数がどのレベルなのか?
この辺が明確にならないと 見えてこないように思っています。

しかし この辺の目標が見えてくれば
一気に行けそうです。

Aさん「なるほどなー そういう意図もあるのか。」
「しかし こういう時に特定機密ガーと
言うと思ったけど 言わなかったなw」

 

Cさん「それだけ余裕が無いと
見て良いかも知れないね。」
「まぁ相当朝日系列のイメージは地に落ちすぎて
地面にめり込んでると見ていいね。」

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください