W杯の季節が近づいたので いろいろ考えてみた。

コンフェデ、東アジアを終えての課題は皆さんだいたい同じことを挙げられるかと思います。

①1TOPはどうするのか?

②ディフェンスはどうするのか?

③遠藤の後継者はどうするのか?

①1トップを誰にするのか?
自分の結論からいえば 今回に関しては俗に言う点取り屋FWが日本には
いないと思っています。
昔で言えば間違いなくドラゴン久保を押していたんですがね。
今はそういった感じのFWらしいFWがいないので

0TOPでいいんじゃね?と思っています。
下手にFWを入れるくらいなら いっそなくして
一昔前のASローマっぽいシステムが面白いんじゃないかなと思いますね。
機能するかどうかは知らん。2010年南アフリカ大会で本田で0TOPみたいな
感じをまた試す。 下手にでかいだけのFWを使うよりは可能性あるかと思います。

②ディフェンス2枚が物足りない!その1個前でどうにかする。
こうなると遠藤長谷部の2枚の後ろにアンカーを付ける。これくらいしか
対応できない気がしています。これもまた2010年の阿部選手みたいな感じで。
その1枚をどうやって持ってくるのか?それも①と関連してFWを減らして
アンカー設置に繋がっています。

③自分的には東アジア選手権で柴崎選手が注目されてA代表に呼ばれて
そして2014年にレギュラーという予定だったのですが それも叶わず。
このままいっちゃうと 代表に縁のない名プレイヤーになりそうなので
ここは 頑張って欲しいです。ああいったタイプの選手は昔の日本代表には
結構いたんですけどねー。キャプ翼世代とでもいうべきかな?
今はそういったパサー系が珍しい時代になってる気がしますね。

なんか1と2を見ると 岡田監督って名将に思えてくるから不思議だなぁ・・
来年は期待していまっせ!

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください