そこそこプロレスに詳しい私がレインメーカーという名前の技を聞いてどんな技だと想像したか?

今回はプロレスネタ

レインメーカーという技は
オカダカズチカ選手のフィニッシュムーブ

実際の技の流れは

①後ろに回り込む

②相手の腕を取って自分の方にもっていき

③渾身のラリアート!
私が久々にプロレスを見るきっかけになったのは
彼の試合をTVで初めて見た時でした。

実況が
「今日もレインメーカーがどうのこうの~」と
いってたのを聞いて
自分の想像してたのとは違っていて印象的でした。

私はレインメーカーという名前から来るイメージで
2つの技を想像していました。

彼がルチャ系だとは知ってたので
①多分 凄い飛び技の事をレインメーカーと呼んでいるんだろう。
シューティングスタープレスみたいな技なんじゃないかな?

②もしくは相手を凄い角度で落とす投げ技なんじゃないか?

と思っていたんですよね。

で実際に見てみるとラリアートだった。
でも 説得力のある技でしたね。

最近ではただの技みたいな感じに思うかも知れませんが
本来 ラリアートは必殺技ですからね。

スタンハンセンや長州力並の
ラリアート使いが出てきて嬉しいです。

他の技も結構見ごたえありますし
ドロップキックは まさに教科書通りな感じがします。

一時は低迷してた新日ですがここ2年くらいで
本当に盛りあがってきたと思います。ちゃんとプロレスをしてますし
こういうのが一番面白いです。

やっぱプロレスは面白いな!

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください