本田は右45°の角度からのフリーキックが得意

ゴール内左45°であれば間違いなくデルピエロゾーンが有名ですが

ゴール外右45°からのフリーキックであれば本田の無回転と思わせて
右スミに決める カーブシュートが印象に残っています。

8月14日ウルグアイ戦で決めたシュートも確かカーブシュートですね。
キーパーとしてはブレ球とカーブの2択を迫られているわけです。
あの近い距離なら カーブの方が良いのかも知れませんが・・

格ゲーに例えたら 投げと打撃の2択

いや 本田の場合はブレ球と 左右どっちに蹴るか
3択?とにかくキーパーにしてみたら やっかいであることは間違いないですね。

2014年も彼のゴールを見てみたいです。


ちなみに元祖ブレ球の使い手は 私の知ってる限りでは
リヨンに在籍(2001年~2009年)
してたジュニーニョ・ペルナンブカーノ選手(ブラジル)
ですね。なのでブレが流行りだしたのも2000年以降だったかと思います。
その後いろんな名選手たちが収得していきました。

キャプテン翼では二人同時でボール蹴り込むことで
球がブレます。是非学校の授業とかで試してみて下さい。

多分 双方の足を蹴って痛い思いをするだけだと思いますw

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください