世界陸上でフルマラソンが2時間を切るかも知れない。

42.195Kmを2時間で走ることがどれだけ凄い事かを
簡単な計算で解説します。

42.195÷2=21.0975

時速21Kmで走る。

なるほど!分らん!
まったくわからん!

徒歩だと
時速5km

うーんもっと分かりやすく!

それなら
2時間を全部秒にすると
2×60×60=7200秒

そして
42195÷7200=5.8604

秒速5.8604mで進む超人が完成。

100mの走破タイム
100÷5.8604=17.06秒

50m走なら
50÷5.8604=8.53秒

運動不足の私なら
100mすら18秒も怪しいかも知れないね!

50mなら6秒7くらいで走れたんだけどね。

100mを17秒のハイペースで走れば2時間を切れる!

やっぱ マラソンランナーは過酷で凄いですね。


Q:今回の世陸にはカンボジアから猫ひろしさんは出ないんですか?

A:出られないニャー!

結論:マラソンは皆が考えている以上にハイペースで走る競技

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください