国家元首を暗殺しようとするドラマは韓国が先に放映していた件

北朝鮮の某将軍様暗殺の起源は韓国だ!

今回のネタは知ってる人は知っている
韓国反日作品からです。

「憤怒の王国」で検索してください。

1992年に韓国で作られたドラマのタイトルなんですが
実際の映像を使いながら 日本の天皇陛下を
狙撃するシーンがあるドラマなんですね。

さすがの日本も この時ばかりは抗議をしており
外交問題一歩手前まで行ったとwikiにありました。

ここからは憶測ですが
大きな外交問題になるのを避けようと外務省辺りが
動いたのかも知れません。

2012年当時の韓国大統領が天皇陛下へ謝罪を要求して
大きな問題になりましたが、この20年前にも
日本人が目を覚ますキッカケはあったんですね。

Aさん
「最近は韓国ネタを聞いても怒る気がしなくなったよ・・・
感覚が麻痺してきたのか?慣れてしまったのか?
もう どうでもいいと思えるレベルになったよ。」

ニキビ用プロフィール
「それは嫌韓を卒業して 無韓の境地に入っていますね。
私も10数年前は嫌韓でしたが今は関わりたくないと思っています。」

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください