今回の大使襲撃事件とライシャワー襲撃事件を比較されそう。

1964年 日本でもアメリカ大使が襲撃

1964年3月にアメリカ大使館門前でライシャワー大使が
統合失調症患者にナイフで大腿を刺され重傷を負った。

これが日本のライシャワー襲撃事件です。

1964年といえば?
そうです 東京五輪が開幕した年です。

これで 日米関係は悪化した?

アメリカはオリンピックをボイコットした?

いずれもNOでした。

ライシャワー氏は辞任を考えていたらしいですが
ここで辞めては日本が責任を感じるとし 1966年まで
駐日大使を務めています。

Aさん
「うーん 精神に疾患を抱えた人青年が襲った事件なんだね。
今回の件と違うといえば違うのかな。」

今回の件ですが

今後の対応次第で決まると思います。

ここで またセウォル号事件のような責任の擦り付け合いに
発展すれば また醜態を晒すだけでしょう。

Aさん
「日本のせいにされるだろうけど ここは冷静に見守ろう。」

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください