なんか最近 水筒茶道が再び注目されているみたいですね。

私は茶道の心得はありません。

しかし作法が分らない事が わびさびの文化に繋がっていくと
何かの漫画で述べていたので なるほど と感心しました。

そして本題の劣化茶道こと韓国式茶道

これが 今さら注目されているみたいです。

韓国ウォッチャー歴が10年を超えると既に知ってる事でしたが
当時を知らない人が これは面白い!と反応した結果かなと思います。

私も当時は 面白いな!と同時に可哀そうと思っていました。

今回は水筒を使うだけみたいですが
私が見た当時は
・トイレットペーパーが存在!
・ブルーシートの上で披露!
・畳の折り目に座ってレッツ茶道!
そして今回の
・象印かタイガー魔法瓶で湯を注ぐ!

こんな感じで色彩のおかしな服を着て茶道ごっこをやっていました。

数年前に見たのと比べるとトイレ紙は使わなくなった分 進化したようですが
そもそも おもてなし文化や わびさび があの国に根付いていたのか?
どうせ根付いていないのは明らかですよね。

こうしてみると いかに日本の茶道が

昔のままのやり方を通しているのが 分ると思います。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください