K国の法則から学ぶ民間防衛とは?

目次

Aさん
「これを見れば 法則について分かるよ!」

私たちにも出来る民間防衛とKの法則とは?

民間防衛は6段階の内部工作によって武力を用いずに乗っ取る事を
詳細に記したことで有名ですが
このK国の法則から学ぶ民間防衛はちょっと毛色が違います。

そこで韓国および朝鮮の法則について大雑把に説明します。

「朝鮮と組むと大抵 悪い結果になる」

基本は これだけです。シンプルな法則なのです。

では 具体的に説明していきます。
法則は絶対法則6則と 諸法則10則の計16法則が存在します。

より詳しく知りたい人は「Kの国の法則」で検索してみて下さい。
これは10年近く前から体系化された法則らしいです。

ネットで法則発動wとか言われているのは大抵この事だったりします。
例:フジテレビが視聴率振るわない
韓流で法則発動w などなど。

絶対法則

第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

韓国と組んで勝てる国や企業は無いという事です。
例えるなら先の大東亜戦争しかりベトナム戦争しかり
法則でも根幹となるのがこの第一法則です。
これを覚えておけば合格と言えます。

第二法則 第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。

第三法則 第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

現在の日本がまさにこの状況になりつつあります。
あと ひと押しで 完全に嫌ってくれるでしょう。

第四法則 第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。

完全に断ち切ることが出来れば発動は逃れられるというわけです。

第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。

技術を教えたり余計な真似をすると法則が発動します。ソニーや造船などは発動しました。

第六法則 第三・第四法則において、半島と手や縁を切った場合、
運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

諸法則

第一法則 日本で発明され、人気を博した物は、
何年(又は何十年)後に、韓国製又は半島製にされる。

俗にいう ウリジナル 起源を主張するアレです。
剣道やら柔道やらドラえもん等 勝手に韓国起源に。

第二法則 日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが
韓国から嫌われていると、必ず回避出来る。

野球のイチローは 特に意識したわけでもない発言について
韓国が勝手に火病を起こして敵認定され逆法則発動 結果WBC制覇

第三法則 日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る
(日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る)

韓タレが出てる回のみ異様に下がる視聴率
大人気のハズなのに軒並み低視聴率

第四法則 海外や国内で、自ら日本人と名乗る人間は、本当の日本人で無い可能性が高い。

日本人として恥ずかしい・・とか言ってる某掲示板も
大抵工作員
あとは アイムザパニーズ! が有名
日本人に成りすます行為を海外でもやってる連中です。

第五法則 自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。

最近では セウォル号沈没人災事故が良い例。
初期報道ではやたら日本製をアピール。
この体質は福沢諭吉 脱亜論にも書かれている特アの得意技でもある。

第六法則 韓国の大統領(為政者)は任期末期になると騒動が持ち上がり悲惨な末路を歩む

逮捕やら自殺やらロクな事にならない。

第七法則 朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する。

豊臣秀吉 秀頼2代で滅亡。

近代史の併合に関しては 2代という考えを元号に当てはめると
併合が1910年で明治時代からとなり 大正時代で破滅と考えるのか?
この辺りは調べる必要がある。

日本以外だとモンゴル帝国も一応この法則が発動したと思われる。
1259年に高麗を完全に占領 これが4代目モンケカーンの時代
そして 5代目クビライでモンゴル帝国は実質力をなくしていきます。
見事に2代で破滅の法則が当てはまりました。

第八法則 法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある。

この法則に関しては 実例を調査中です。

第九法則 たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動する
(韓国籍であっても日本人的な精神構造なら法則の餌食になる)

まともな人には発動すると覚えておけば良い。

第十法則 たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動しない
(日本国籍であっても、朝鮮万歳の精神構造なら法則は発動しない)

すでに 日本の左翼コメンテーターの連中には発動しないという事です。

上記の法則から日本を守る 民間防衛とは?

これら災難から日本を守る方法は

「助けない、教えない、関わらない」

通称非韓三原則と呼ばれる 非核三原則のパロディですが
実に 的を得てる原則です。

これを守る以外には無いでしょう。

1万円札を見るたびに
関わるなとあれほどいったのに・・・と
悲しげな福沢諭吉の顔が目に浮かびます。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください