不可逆的ってどういう意味で日常会話で使えるの?

Aさん
「不可逆を用いて例題をして下さい。
ってまるで国語のテストを思い出すよね!」

不可逆を国語辞典で調べた結果

ググるのも良いですが国語辞典があったので調べてみました。

不可逆

逆戻りできないこと。(普通は単独では用いない)

不可逆変化
元の状態に戻せない変化の事。
爆発や摩擦などの化学変化に用いる事ができます。

不可逆的とは逆に戻せない事柄そのものって意味に
なるのでしょう。

更に言うなら
逆にする事が不可能なのです。

最終的かつ不可逆的に解決

というか何で この言葉に注目したかというと
2015年年末に合意された例のアレがあったからです。

最終的かつ不可逆的というのは

これで最後だ。元に戻さず解決を合意した事になるのです。

元に戻さずとは 何のことを言ってるのか?

これは韓国が過去の事は言わないといってるクセに
毎度毎度 蒸し返す事を言ってるのでしょう。

というか韓国が約束を守るのか?

破るでしょうね。間違いなく破る。

既に政権が変われば無かった事にするとか言ってたり
なんのための合意か 分からなくなっています。

本題!日常会話で不可逆的を使えるのか?

でこの言葉は日常会話で使えるのか?考えたんですが

「二度とその事を言うんじゃねーぞ!」

こういえば通じますし あまり使いどころは無い気がします。

条文とか かしこまった時に使う言葉かと思います。

なので 日常会話では使う必要はなし!と判定して終わりにします。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください