マスコミ報道では都知事選で当選の舛添さんについて思う事を信長で語ってみる。

舛添さんは2010年に自民党を離党しています。

一番苦しい時期に見限った人というわけです。

そんな氏を見ていると
今年の大河ドラマ 官兵衛にも登場する
宇喜多直家を何故か思い出してしまいました。
というよりゲームの宇喜多なんですけど。

下にゲームで実際にあった宇喜多の一生を説明します。
・内応を約束する(裏切りの密約)

・城を攻める
ここで内応コマンドを選択する。
・内応で味方になる。
宇喜多奮戦!でも兵隊に雑兵が多くて苦戦気味

・味方が意外に苦戦して劣勢に。

・また宇喜多が裏切って敵になる。

・なんとか城を攻略して宇喜多を捕える。

・お命だけはお助け下されと 懇願してくる

・登用するor斬首する

・登用するを選ぶ。
・何故か「斬るがよい」と言ってくる。
・仕方なく斬首!
・無念…

こんな流れ。知ってる人は知ってるあのシリーズです。

1回裏切ってると また裏切るであろうという事です。

そんな人が今回都知事になりました。

東京が苦しい時に本当に体を張って対処してくれるでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください