ええい‼オスプレイの性能は化物か!?マスコミが本当に批判する理由はコレ!

マスコミが批判するのは別の理由だと考えるべき

なんで批判してるんだろう?
ただ安全性だけでココまで騒いでいるの?

それが一応の批判の建前みたいにはなってるみたいです。

しかし 大体新聞TVが やいのやいの言ってるときは他に
原因とかあると見ていいんです。

ポイントは2つ

となると マスコミの得意技
「アジアを刺激してるぅううううううううううううう!」
これにも注目しつつ
1つ目はオスプレイの性能について

2つ目は
1つ目の性能が どこかの国に都合が悪い!

これらについて考えればおのずと見えてきます。

1.性能について

現在配備されているのがwikiによると
V-107/CH-46 通称シーナイト と呼ばれるタンデムローターの
輸送ヘリらしいです。アメリカではこの型が2014年には退役して
今話題のオスプレイに切り替わるらしいです。

で本題のシーナイトとオスプレイの性能差
これもググッて見たところ一番大きな違いは
「行動半径」だとわかりました。
(スパロボに例えるなら移動力。加速をぶっかけて さらに2回行動できるのが
オスプレイというわけ。)

シーナイトが140km に対し
オスプレイが600km と航続距離がなんと
4倍以上に伸びているんですね!
(シャアより凄いぞ!オスプレイ!)

この4倍という数字が何を意味しているのか?2に続きます。

2.オスプレイの性能があるとどうなるのか?

航続距離が延びた事で

沖縄普天間基地から尖閣諸島まで一っ飛び♪ 」
これが可能になるという事です。

ついでに

岩国に配備してしまったら朝鮮半島まで ひとっとび♪」

これは中国韓国を刺激する出来事です!
これまでは 沖縄周辺しか飛べなかったのが一気に尖閣まで
飛んでくる輸送機が配備されちゃうわけですから。
ついでに岩国から朝鮮へも飛べちゃうんですね。

こんな感じで
もし日本のメディアが中国の意向を伝えるだけの糞メディアだと
仮定したら 何故騒いでいるのか?が分かります。

追記:オスプレイは空中給油も出来るそうで
そうなった場合は 沖縄から台湾へもいけるとか。

これは ますます中国には都合悪いよな!あー困った困った。

みんなもこれを拡散してください。
ついでにオスプレイが事故が多いとか印象操作だぜよ。
これについても また書いて見ますが。
普通のヘリや車の事故の方が多いですからね。
そのあたりもちゃんと比較して報道すればいいのに
やりません。 というか知っててやってないんでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください