日韓ともに冷静になれ!と朝日新聞はおっしゃっております。

今回は為替で日韓関係を例えてみます。
FXをやってる人に分かりやすく解説です。
詳しくない人にも大体わかるように解説を頑張ります。

2012年の8月がターニングポイント。

為替でいうトレンド転換したところ。

売りから買いに変わったところ。普通はココで買いに転換します。
移動平均買いトレンド完全ゴールデンクロス。

政治の世界では 日本は転換に対応するために自民党 安倍政権になりました。

方針転換をしたわけです。トレンドが変わりましたらね。当然です。

じゃあお隣の韓国はどうでしょうか♪(HNK風)

さらに反日全開の朴政権が発足。

これを為替で例えるなら買いトレンドになったのに

売り注文追加。全力ナンピンをしてるんですよね。
これを為替の世界でやるとどうなるか分かりますか?

資産が無くなって退場になります。最悪は樹海か新小岩行き。

アホです。私もショート好きなトレーダーですが流石にアホです。

為替の退場は政治の世界ではどうなる事なのか?
国家の崩壊? 中国に飲まれる? どっちにしろ 最悪の選択をしていますね。


あ ちなみに最近の為替ですが ちょっと下げトレンドかなと思います。
8月12日のドル円は荒れるかもしれません。
95円を割ると前に付けた93円台が意識されそうです。

90円くらいまでは 仕方ないかなと思って流れに沿ってトレードしたいですね。
あー下がったらアベノリスクとかまた嬉しそうにマスコミが騒ぐなぁ‥

予想が外れても知らないです。投資は自己責任でやってくれよな!
分らないポジションは切った方がいいからな!

以上!

もしFXやるなら無料のデモトレードからやってみようか。
最近tubeのアドセンスのトラリピとかいうのがあるじゃん?
あそこの 無料デモトレードが簡単にできます。チョー簡単。
メルアド入れてすぐ登録できます。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください