神の国発言を今思い返してみたらそんなにおかしくないと思う

2000年当時の森嘉郎内閣総理大臣が発したこの発言が
当時大きな波紋を呼びました。

この総理は失言そーりー!とかいろいろ言われていた事は確かです。

そんな矢先にこの発言が取りだたされて

左翼メディアの当時の得意技

「軍国主義の復活だ!」
↑これを言っておけば日本人は黙るしかなかったのです。

そして当時の発言がコチラです

「日本の国 まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを
国民の皆さんにしっかりと承知して戴くそのために我々が頑張って来た。」
これを神道政治連盟の懇談会で発言しました。

さぁみんな これのどこがおかしいのか説明できるかい?

とにかく他で失言をしまくっていたのは事実だと思います。
しかし これに関しては マスコミの揚げ足取りとしか思えませんね。

今この発言をしてもお前大丈夫か?
「大丈夫 問題ない」 だと思っていますが
どうでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください