ニンテンドウ2DS? また中国のパクリかと思ったら本家からの登場だった件

ニンテンドウ3DSと言えば 当時何でもいいからスリーディーだ!
というトレンドに乗ってその機能を搭載した新しい携帯ゲーム機でした。

しかしいざ蓋を開けてみると その3Dは売れる要素ではなかった んですね。

この辺りは バーチャルボーイで学んでると思ったんですが‥
そして3DOという1990年代の黒歴史の次世代機と似た名前だった事もあり?
DSに比べたら大ヒットしたゲーム機とはなりませんでした。
(それでも3DSは1000万台 DSに至っては3000万台売れてるので
すごいっちゃ凄いんですけど。)

そして今回3DSの3D機能と折り畳み機能を排除した安価版のDS その名も

ニンテンドウ2DSを 欧米向けに発売する事が分りました。
2013年10月12日 北米で発売開始。
価格は日本円で12000円前後になるらしいです。
発売してすぐの3DSはこの2倍の25000円でその後15000円に値下げした事から
いちおう 2DSはそれ以下の値段で出す事になるみたいです。

もちろん3DSのソフトも対応して、3DSユーザーともマルチプレイが可能だとか。

こうしてみると携帯ゲーム機は15000円前後が丁度良さそうですね。
ゲームボーイも1989年当時 12500円ですし 今と当時じゃそんなに物価とか
給料は変わってないですからね。むしろ当時の方が景気良かったと思います。

なお日本国内では発売は未定らしいです。

私もモンハンの為に3DSを買いましたが結局3D機能は使っていませんでしたね。
あれは目が変になりそうですよね。
当時店頭でゼルダの3Dを体験しておけば 買ってなかったかも知れません。

なんかこうやってみるとニンテンドウも迷走してるのかな?って思えます。
というよりは
国産のゲーム業界全体がコンパスがぶっ壊れて いく先を迷ってる感じに。


最初この情報を知ったときはタイトル通りに

また中国がパクって出したのか!と思ったんですが見事期待を裏切られました。

だってwii のパクリ Viiを出す国ですから。

日本国内での発売は未定ですが3DS購入を躊躇した人で

国内販売があるのであれば グッドタイミングかと思います。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください