高橋名人が逮捕された?面白い情報の変化について

Aさん
「世が世なら人気youtuberより影響力のある人に
なっていたであろう人だよね。この人は。」

逮捕ネタの真相は?

高橋名人といえばファミコンが大流行となった功労者の一人です。

16連射でスイカを破壊したり
ゲームは1日1時間という名言など 数多くの伝説を残してる人です。

今で言う人気youtuberを凌ぐ影響力があった事は確かです。

そんな名人が突如捕まった!と話題になりました。

「おい!名人が捕まったってよ!」

「まじで!何で捕まったんだよ?」

「いや・・ 多分 16連射が嘘だったって事で詐欺とかじゃないの?」

こんな感じで話はどんどん作られていきました。

こう伝わっていくうちに逮捕されたことになった

①名人警察の1日署長を務める。
名人が警察にいったらしい。

②名人が警察に行ったらしいぞ!
警察に行くって事は悪い事したって事か!

③名人が警察に捕まったらしいぞ!
名人が逮捕されたぞ!

④名人が逮捕されたらしいぞ!

実際には1日警察署長を体験しただけの話だったのです。

情報が人づてに伝わっていく内に変化していったのです。
当時はインターネットなんて普及していませんからね。

正確な情報が伝わらなかったんです。

クイズ番組で伝言ゲームをしたら
こんな風に間違って伝わっていくんですよね。

ただ

インターネットはなかったけどやたら裏ワザの伝達は速かった?

情報の伝わる速さは1980年代に比べて格段に速くなりましたが
当時ファミコンの裏ワザってどうやって知ったのでしょうか?

当時を振り返ってみると
近所に住む年上のお兄さんが情報源だったことを思い出しました。

さらにそのお兄さんはどこから裏ワザ情報を得たのか?

当時のゲーム雑誌なのでしょうか。

今と比べると不便な時代だったのですが
ゲームを有利にする情報に関しては正確に伝わっていたのは
面白いですよねw

追記:最近の名人は つるぴかになり、
まるでPC原人みたいになってました。ハドソンも退社してます。
ハドソンも事実上コナミに吸収されています。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください