東京でライターイベント完全禁止へ!地方も続くか?

Aさん
「全国にも広がれば、ジ・エンド。
ライターはライターらしく文章書けってこった。」

東京都に続くか?それとも?

有名人招致(雑誌ライター取材含む)の店内告知に関し、最近になって、
行政側が東京都内ホール及び東京都遊連に対し、
その行為をNGとする指摘を行っていたことが分かった。
一部引用-遊技日本

全文はこちら

さて、このニュースが2016年10月でその2か月前に何があったか
知ってますか?私もさっき知りましたw

マルハンは8月より来店系を禁止した。

ということはこの件は知ってたと思われます。

だって
イベント自体が禁止になると噂された数年前
マルハンが7の日が熱い印象という印象のCMを延々と流していました。
そして、イベントが禁止となった。そしてそのCM自体は無くなった。

これで、7の日に人を集める事に成功した。

おそらく知ってたのでしょう。

業界で一足先を行くのは確かなのでしょう。

取材は告知する性質のものではない〜警視庁

10月4日付「都遊連健全化センターだより」によると警視庁が最近になって有名人招致
(雑誌ライター取材含む)などの店内告知を一切禁止する指導方針に転換していたことがわかった。
警視庁管内では有名人招致に関する事前・当日告知は従来からともに禁止されていた。
ただ来店に伴う注意喚起程度の告知、たとえば「撮影のためお客様におかけします等」
の店内告知についてはやむを得ないとされてきた。
しかし最近になってこうした店内告知についても指導が入っていたことが判明。
都遊連の確認に対して警視庁は「取材などは告知する性質のものではない」とした上で、
「来店当日の店内告知や注意喚起」「近日来店予定」といった告知についても、
ことさらに特定の日を想起させるとして禁止する考えを伝えている。
ほかに同日付の健全化センターだよりでは、出玉系イベントを想起させる広告は、
メールやインターネット、ブログ、ツイッター、LINE、専用アプリ等、いかなる媒体であっても
一切行わないよう厳しく注意を促している。
全文引用-グリーンべると

更に詳細というか、詳しい内容がグリーンべるとにも
紹介されていました。

メールだろうが、ツイッターだろうがSNSを使ってもNGという
厳しい内容に本気度を感じる。
ただ、店側だけが告知NGと勝手に解釈し、ライター側はOK♪って事で
やりたい放題になりそうな予感もしますが・・・。
 

これが他にも影響があるかそれとも?

東京都だけが勇み足でやったのでは意味がない。

じゃあ他の県でライター来店をすればよい事になる。

それでは意味がない。
本来であれば、全国一斉に通達するべきだったと思います。

2015年にも関西のとある遊技組合が禁止したが、全国的には
なんの効果もなかった事を思い出します。
(ちなみにこれは京都の事だったらしいです。)
大阪兵庫とか、バンバン来店してますもんね。

ただ、今回は東京という事で他への影響+マルハンの対応を見ても
なんらかの動きはあるのでは?と思われます。

全てが禁止なのか?何が良くて何がダメなのか?

店内告知系は全てイベントとみなしてNGという事であれば
告知しないガイドの72時間バトルみたいなのは、大丈夫っぽい。

来店しますよー♪これがダメなだけで、深夜に動画配信しようが
勝手に配信する分は、許可さえとればOKってことになるのでしょう。

抜け道はいくらでもあるのでは?

ホールが来店を予告するのがダメなら、他が予告してもOK♪
そういうやり方もできますよね。

景品交換と同じ理屈です。
第三者なので知りませんと言われたらどうにでも出来そう。

やっぱり、完全に禁止しかないのかも知れません。
というか、私は来店系自体クソの役にも立ってないと思ってるので
さっさと消えろと思っています。

今後全面禁止になったらどうなる?

お店からライターへのギャラは当然なくなる。
その分常連に還元できますね。どうせしないんだろうけどw

ただ、撮影許可だけ貰って、動画配信でyoutubeにUPして稼ぐ
youtuberスタイルに移行するのかも知れません。

店側からの告知もダメなら、ライター側の告知もダメって
認識なんですが、その辺がどうなのか?これもダメだと思うけど。

シバターに関しては、影響一切無さそう。

その他ライターもどきが死活問題なだけ。

まあ有名どころは、稼げるだけ稼いだから、良いでしょうけど。
Aさん
「スーツ着てハイエナしてたあの連中もオワコンってことだね。
まあ、一般客側じゃない連中がどうなろうが知ったことじゃないね。」

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください