パチ業界が「のめり込み対策強化」とか言ってる件について

このフレーズを聞いたことありませんか?

「パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びです。」

Aさん「適度に遊べる台を
つくってから言えってのwww」

まさにこの通りでしょう。
適度に遊ぶ前にお金が尽きて楽しめない台ばかり。

じゃあ1円打てと言われても釘は酷いありさま。

じゃあスロット打てよと言われて打ってみたら
意味不明な意味深なゾーンに入って煽られて 追い金
そして何事もなくスルーして終了

こんな台ばかり。

どうやってお金を使って楽しめと言うんでしょう。

ちなみに問題になっているギャンブル依存症の割合ですが
厚生省によると約500万人近くがギャンブルの依存症だという事です。
成人の約5%が ギャンブル依存というワケです。
(成人4000人への面接調査の結果)

数多くあるギャンブルの中で(パチンコは遊戯!と言ってますが)
パチンコがこの5%の中でどの程度占めているのかは 分かりません。
が 毎日出来るギャンブルといえばパチンコくらいなので
結構な割合だと思います。

ついでにパチンコ屋にATM完備とか
なんの拷問でしょうかw
お金を下ろしに行くのが面倒だから 帰るという選択肢を
これで断たれているではありませんか。

Aさん「そうだよな
競艇競馬とか開催日が決まってるし
毎日したくても できないもんなー。」

で本題です。

のめり込み対策の強化へ全業界団体が舵!

業界でより一層
パチンコは適度に楽しむものだ!と啓発活動をするそうです。

「あんまりお金使わないでね!」って業界が言ってるわけです。

皆さんもこれに従いましょう。

ニキビ用プロフィール「10年以上前に潰れかけたパチ屋でチューリップ台を打ったんですが
500円で長く遊べました。
ジワジワ増えたり減ったりで結局負けましたが。」

Aさん「うはwいきなり管理人さん登場
そんなチマチマした台はやってられないですよwww
さらにユーザー減りますよww」

確かに今更マッタリした台なんて打てないかも知れません。
しかし この先生き残る為には これしかないようにも思えます。

5号機初期を思い出してください。
増えないRTやら やたらコイン持ちだけ良かった台でしたが
今となっては あれが遊べるって事だったんだと思います。

Aさん「デビルメイで千円で150G回したことあるww
確かに遊パチとしてはあの頃が
理想だったのかな。」

Cさん「数字上でも2007年付近は
一人当たりの負担額も相当減ってましたからね。
言ってる事は大体当たってるんじゃないでしょうか?」

そういうワケで
業界全体で のめり込み対策をするというなら
それなりの台を作れと言うのが私の思うところです。
客に媚びた台を!とまでは言いませんが せめて ホールに
媚びまくった台は止めて欲しいです。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください