設定示唆→営業停止 東京都はやる気の模様。

ニキビ用プロフィール「どうやら東京都はホントのようですね。
示唆して営業停止に追い込んだ模様。」

ライター来店店内告知禁止と合わせて東京都がホンキを出してきた件

高設定のパチスロ機の設置を示唆するメールの配信や設備の掲示などを行ったとして、
東京都内のパチスロ専門店に営業停止処分が科せられた。
広告宣伝関連で営業停止処分となるのは都内では初。
営業停止期間は10月7日から。
9月27日に警視庁内で開かれた聴聞会によると、
同店は平成28年6月13日午前に会員メールを使って同店会員に対し
「6月は6の季節」などと高設定を示唆したメールを配信。
また、同日午後には店内において、特定の遊技台にランプを置き、
「赤ランプ、ロック」などと設定6を示唆する行為を行った。
引用-グリーンべると

このお店は過去2回同じような示唆をして指導されており
今回で3度目との事。仏の顔も3度までという事なのか、それとも
先日東京都の来店系告知禁止と合わせて強く出たのか?

どっちにせよ、東京都でイベントっぽいことはご法度となりました。

やっぱりオリンピックまでに相当数のパチ屋を
都内から消し去りたいのは紛れもない事実かと。

どうせ地方でやりたい放題だろ

しばらくは、そうなりそうですね。アホな業界ですし。
ギリギリまで怒られるまでやる業界なので全国的に広まるのは、当分先の話。

ただ、今回の件で前例が出来たのは事実です。

示唆したら、営業停止を食らうなんて恐らく今回が初めてかと。

ライター来店告知の件も店内告知をすれば同じような厳しい処分を
受けることでしょう。

ますますオワコン化が進んでいます。
辞めるキッカケになれば良いですね。他の趣味を探しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください