スロットは昔から1台40万円が相場らしい。

Aさん
「1993年ごろのVシネマを見てたら そんな会話をしていました。」

杉本哲太氏が主演のVシネマを見て分かった

ドラマの内容としては スロットの闇にスポットを当てた作品で
「ジャック パチスロ闇の帝王」というタイトルの映画でした。

マカオのスロットをどうのこうのって話でした。

ただ 3号機のスープラやコンチっぽい台が映っていたので 時代的には
まだスロットが3号機時代だったのだと思われます。

そんなドラマの会話で

「1台80万!!倍近くする台なんて置けるわけないでしょ!」

こんなセリフがあったのです。
マカオの改造連荘機とやらは 作中では1台80万円もするそうで
驚いていたので 当時から普通のスロット台が1台40万円近くしていた事が
わかりました。

ただそれだけですw

最近は液晶やら 仕掛けが付いて凝った作りで同じ40万円

昔は リールしかないのに40万円

今のほうがお金がかかっていそうですが価格は同じなんですね。

実際にどのくらいの費用で作れるのでしょうね。

そんな昔のドラマから分かった事を紹介してみました。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください