マルハンも苦戦 これが現実なのです。

Aさん
「2兆円って・・・全体の1割近くがマルハンって事か。これは凄いね。」

売上高2兆円割れ&純利益減益

マルハンは5月29日
平成27年3月期の連結業績平成26年4月1日~平成27年3月31日を発表した。
それによると、
同期の売上高は1兆9782億2200万円となり、
前期比1334億3200万円(6.3%減)の減収となった。
平成21年3月期にホール企業で初めて売上高2兆円の大台を突破したが、
7期ぶりに2兆円を下回った。
一方、営業利益は615億400万円と前期比36億400万円(6.2%増)
経常利益は637億9800万円と前期比32億2500万円(5.3%増)の増益
当期純利益は300億1500万円と前期比23億5300万円(7.3%減)の減益となった。

引用HP:月間グリーンベルト
http://web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00007810

以前中間決算で 減収増益とあったので まあこんなものなのでしょう。

私が注目したのは2兆円という売り上げ高ですね。
これを見る限り 大手チェーン店が生き残って
小さなホールがどんどん消えている現実が見て取れます。
P-worldで見ても毎月のようにお店が減っているようですし
この流れはしばらく続くのでしょう。

さて 毎年気になる遊戯人口のほうですが 今年も例年通りなら
2015年の夏頃には 2014年のパチンコパチスロの遊戯人口が判明します。
2013年の時点で1000万人を割り込んで 2014年には増税もあったので
さらに落ち込んでいるのは確実でしょう。

私は850万人くらいじゃないかなと勝手に予想しています。

当たったら褒めてくださいw

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください