パチンコ業界は年間で一人当たり何円投資すれば成り立つのか?

ニキビ用プロフィール
「以前作成していたものが市場規模が見直されたとかで
修正して新しく作り直しました。是非ご確認ください。」

改訂版の一人当たりの年間貢献額は?

 年度(西暦) 遊戯人口(万人) 売り上げ高(億円) 1人の貢献額
(万円)
1995 2900 309050 106.5
1996 2760 300700 108.9
1997 2310 284160 123.0
1998 1980 280570 141.7
1999 1860 284690 153.1
2000 2020 286970 142.1
2001 1930 292430 151.5
2002 2170 304420 140.2
2003 1740 323900 186.1
2004 1790 339120 189.4
2005 1710 348620 203.8
2006 1660 336420 202.6
2007 1450 301770 208.1
2008 1580 288190 182.4
2009 1720 282420 164.2
2010 1670 259830 155.6
2011 1260 254890 202.3
2012 1100 256720 233.4
2013 970 250550 258.3
2014 1150 245040 213.1
2015 1070 232290 217.1
2016 940 204180 217.2
2017 900 195400 217.2

ちなみに貸し玉料金の合計であって
この金額が全てお店の利益ではありません。

80%は客に返ってる計算で
残り20%でお店は経費やら何やらに使って
残りが利益という事になるかと思われます。

負担額も そういった意味で
200万負けという意味では無く200万投資して
160万は返ってくる計算になります。

さて
パチンコスロットの歴史を詳しく知りたい方は
コチラのサイトも参考にしてみてください。
時事系列で社会情勢と合わせて確認ができます。

パチンコの歩みについて(1995年~2003年)

それでは数値の大きな変化があった年に何があったのか?
詳しく見ていきたいと思います。

2002年→2003年負担が跳ね上がった要因とは?

スロットに関していえば
2000年に登場したジュウオウをキッカケに裏モノを打たない人すらも
金銭感覚がおかしくなった時代の幕開けで2002年は4号機のGODが
登場して いよいよ暴走しまくった時代ですね。

低設定であろうが1時間で5000枚でるし
平気でぶち込んでいた人も多い そんな時代の真っ只中。

しかし これについていけなかった人が出てきたのも事実。

遊戯人口はゴッソリ減っている事からも分かります。

しかしながら市場規模30兆円産業で維持のために一人当たりの
負担額が増えていました。
ただし まだ勝てる時代だったかと思います。

2005年初の負担額200万越え!何があった?

2005年といえば5号機の初代エヴァが登場した年です。
4号機と5号機が混在していた時代ですね。

来る5号機時代に向けてか?
出し渋っていた可能性もあり 負担額が増えています。

2007年→2010年までの負担額減少!何があった?

単純に1パチ5スロが広まった為かと思います。

実際に 1パチ5スロが出始めた当時は遊べた事は確かです。
1パチ1000円で100回転回せた台があったのを最近始めた人に言っても
信じてもらえないでしょうけど ホントにありました。(換金率はクソでしたが)

いまや1パチ5スロからもブッコ抜こうという気合を
ひしひしと感じることが出来ます。遊べません。打てません。

2010年→現在の状況悪化進行中!どうした!

2011年に震災があって レジャー関連にお金を使う人が減った事や
2014年の増税も影響が大きいと思います。
というか 
1パチ5スロがある状況でこの負担額というのが凄いです。
1995年から見ても 異常な負担額になっていることがわかります。

じゃあ どうすればいい?

店側として
・思い切って1パチ5スロを廃止してみる
・逆に1パチ5スロだけにしてみる。

客側として
・やめる

今後 この状況が良くなりそうなニュースも無さそうなので
早いうちにやめた方が良いとは思います。

たまに気になった台があれば試し打つ程度とか。

パチンコは適度に楽しむ遊びです。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください