遊戯と賭博の違いとは?

ニキビ用プロフィール
「完全な遊戯機とは?実はカジノ化していたパチンコ業界?
興味深いレポートがあったので紹介したいと思います。」

疑似カジノ化している日本

a0002_000859
コチラのサイトに気になるレポートがありました。
・ビッグイシュー基金

賭博(ギャンブル)と遊戯の違いについても書かれています。

日本で公営ギャンブルといえば
中央競馬、競艇、競輪、オートレース、地方競馬の5種類

あとは宝クジやサッカーのTOTOも一応ギャンブルです。

中央競馬と地方競馬が分かれていますが管理が異なっているからとの事。
中央:農水省 地方:各地方自治体

さて本題のカジノ化している日本ですが
紹介したサイトのPDFレポートにもあるように
Electronic Game Machine(電子的ゲーム機械)EGMというのは
きわめて依存症を生み出しやすいと言われています。

パチンコやスロット 特に最近の液晶やら音が派手になって
特にその傾向が強まったと言えるのです。
ゲーム性や演出が豊富になって面白くなったのですが 実はコレが
依存症の原因になってしまうのです。

そりゃあの演出が出れば当たるとか あのプチュンで期待値1500枚とか
いわゆる脳汁が出る瞬間というのは忘れられない瞬間です。クセになります。
また見たくなります。

いつからパチンコは遊戯から賭博に変化したのか?

パチンコ本来の楽しみ方が 玉の動きを楽しむものであるなら
それが失われた時と答えるのが精一杯の回答かと思います。

スロット本来の楽しみ方がリールを止める楽しさを得るものであるなら
それが失われた時と答えます。

じゃあ娯楽遊戯の定義は?

やはり 遊ぶ金額が問題でしょう。
同様に初当たりまでの投資が掛かりすぎることを
コチラの記事でも指摘されていました。

グリーンべると「現在のパチンコは大衆娯楽ではない

昔は5000円でも十分遊べた。その時代を目指すべきと語っています。

昔のチューリップ台や羽物なら可能なのでしょう。

そうなってくると現在のデジパチは全滅しますね。

大きな液晶も必要ありません 版権も必要ありません。
シンプルな台が安く作られていけば良いでしょう。

Aさん
「手打ち式のパチンコが最近話題になったよね。
あれって安いのかな?ちょっと調べてみる。」

手打ち式パチンコ「CRA-gon昭和物語」は
1台28万円との事です。

現在のパチンコが1台25万~35万円との事なので
特に安いわけでもないみたいです。

シンプルだから安いかと思ったんですけどね・・・。期待ハズレでした。

まとめ

結局 遊戯台ってどうあるべきなのか?
このままでは結論が出ませんね。

安く遊べて
打ち方である程度差が生まれて
そこそこ出てくれる。

意図した連荘は禁止!
こうでもしなければ 改善されないのでしょうね。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください