自民党はパチンコをどうしたいの?

ニキビ用プロフィール
「国民の事を考えての規制なのか?
それとも別の目的があるのか?」

国民のために働いていている!と喜ぶのは間違い

ここ最近のパチンコパチスロ規制に関して

「安倍政権が国民の為に必死になって働いてくれている!」

「さすが安倍さん!」

ホントにそうなのでしょうか?
私はそこまでは信じることは出来ません。

結果的に遊戯台と呼べる台が無くなった。それは多くの人が
感じていると思います。
規制で射幸心を押さえた本当の意味での遊戯機に戻そうとしているでしょう。

そして パチンコ屋を

私はパチンコパチスロを楽しんでいた側の人間です。

パチンコと聞けばすぐに撤廃しろ!という側ではありません。
多少は 業界の立場も理解した上で意見をしているつもりです。

では 現在の規制は一体なんの為にやっているのでしょうか?
考えられることを思いつくだけ挙げてみたいと思います。

国営カジノ化への布石

現在のパチンコ屋は 徐々に規模を縮小させて
限りなく0になった時点でカジノを作る。

既存のパチ屋やメーカーは一切関与させずに海外のカジノを
そのまま持ってくるのであれば 私も賛成しています。
逆に現在のパチ屋がそのままカジノ系施設になるのであれば
断固反対です。理由は言いません。大体分かりますよね。

東京オリンピックまでに街の景観改善

海外からしてみれば
日本は街の中にギャンブル場がある異常な国なのです。
これを2020年のオリンピックまでに規制で締め付けて
店舗数を徐々に減らして景観も含めて良くしていこうという意図。

となると東京は規制がいち早く厳しくなると思われます。
等価交換廃止も 地方に比べていち早く実施されましたし。

おそらくコレと↑の国営カジノ化は連動していると思います。
2020年あたりを目処にカジノを主要都市の何処かに作ろうと
しているのではないでしょうか?

結果的にどれも当てはまってしまった説

4号機から5号機の規制にしても 射幸心を煽りすぎた結果招いたものです。
今回もあそべるハズの5号機のクセに射幸心を煽りすぎたせいで規制を喰らうハメになりました。

じゃあ規制しようと思ったときに丁度五輪もあるし
カジノ化計画もしてたりと タイミングが重なったとも考えられます。

たまたま丁度良かったと考えるのも十分納得できますね。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください