今回のマレーシア航空機が行方不明になった件で 過去にも似たような事例がありました。

飛行機が消息不明とは前代未聞な事件

2014年3月8日に マレーシア航空の旅客機が
南ベトナム海上で消息を絶った事件がありました。

破片すら見つからず 行方不明という前代未聞と思える事件だと
思ったのですが 過去にこういった事例が無いのか調べてみたところ

航空機 遭難」でググってみました。

すると検索TOPに出てきたのが

「ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故」
でした。

1979年1月30日
ブラジルの貨物機が 太平洋上で突如行方が分らなくなりました。
今も 遺留品やら 残骸は見つかっていない航空機遭難事故。

もしかしたら 今回のマレーシア航空の件も
同じような事例となる可能性がありそうです。

さてこういった原因不明で想定外の事例だと
決まって2つは仮説が立てられるかと思います。

①超常現象説

②軍の陰謀説

①ヴァリグ・ブラジル航空の場合も
当時航行していた海域が
ドラゴントライアングルと呼ばれ
(バミューダトライアングルが有名だと思いますが別物です。
バミューダ海域も航空機が消える海域として有名ですね。)

魔の海域で突如 超常現象により消えたとされる説。

②1979年当時は冷戦真っ只中。
実は この積荷にアメリカの重要な軍事情報が含まれているものが

積載されており
これを狙ったソ連が関与していたのでは?とされる説。

で 今回に当てはめるとどうなるのか?

①ここが魔の海域だとすれば 同様の超常現象説が成り立ちそう?

②この辺りで何か問題を抱えている国といえば・・?

どうでしょうか?

同じような事例が過去にあった事を知っただけでも
勉強になったかと思います。

決して中国が関与してるとは言ってませんよ^^

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください