今回の川崎の少年犯罪について ちょっとだけ。

ニキビ用プロフィール
「今回の件で 確実に加速した事があります。」

選挙権を18歳に引き下げる法律云々が加速された

犯人が何人だとか そういった事は置いといて
確実に進みそうなのが 少年法改正の流れでは無いでしょうか?

これが 良いのかどうか 私には分かりません。

ただ 確実に勢いが付いたのは確かだと思います。

で ここで比較したいのが
世界中の選挙権と少年法についてです。

少年法を調べるのは大変そうだったので
選挙権がある年齢=責任ある大人として認めた年齢 という事で

主要各国の選挙権が何歳なのか? ちょっと調べてみました。

国名 選挙権年齢(歳)  
オーストリア
キューバ
キルギス
ニカラグア
16
アイスランド
北朝鮮
スーダン
東ティモール
17
アイスランド
アメリカ
イギリス
ギリシャ等
18
韓国 19
日本
台湾
チュニジア
モロッコ等
20
オマーン
ガボン
クウェート等
21
アラブ首長国連邦 25

圧倒的に多かった18歳に与えられた選挙権の国

表に書ききれませんでしたが 18歳で選挙権の国が大半を占めていました。
20歳というのは 結構珍しいのです。
あと中東が比較的選挙権の年齢が遅い事も分かりました。

Aさん
「世界各国とあわせるなら18歳なんだろうけど。別に このままでも
良さそうだけどね。変えると誰が得するんだろう?」

少年だからといって死刑になるのか?否か?

1994年に発生した大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件では
当時犯行を犯した少年3名は2011年に死刑が確定しています。

なので少年だからといって極刑はありえるという事になります。

ニキビ用プロフィール
「18歳といえば もう大人といっても良いかも知れないけど
難しいですね。」

大人とは 何か? もうちょっと考えてみたいです。

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください