カバが温和だと思う誤解はアンパンマンのカバオのせいかも知れない。

実際にはアフリカ等では 凶暴な動物として恐れられているカバ。
英語でヒポポタマス ウィザードリィシリーズをやってる人には
こっちの名前が分かりやすいかな。

草食動物であるが 獰猛。
草食系とかいう言葉が近年作られましたが
草食=弱い とか まったくのデタラメですな。

そんなイメージとさらに温和だと思ってしまうのが
アンパンマンのカバオくん。

毎回バイキンマンに いじわるをされたり
森で迷子になってアンパンマンの顔を食べる役割。

なんかカバって弱そうだなと思うわけです。
常にとぼけた感じですし

実際にはアフリカではカバによる死者ライオンによる死者より多い とか

ディスカバリーチャンネルか何かで見た気がします。
日本ではイノシシが突進してきて人間が怪我をするニュースがありますが
カバも凄まじい突進力を持っています。
なんでも噛み砕けるアゴの強さが脅威なんだとか。

こんな間違った認識を正すにはやっぱアンパンマンで

カバオを凶暴なキャラにする?
これはちょっと 無理があるかもしれないので
普段は温和だが 怒ったらアンパンマンをも超える力を発揮する
キャラクターとして たまに活躍させれば ちょっとは認識が
変わるかも知れませんね。

わーカバさんって怒ると怖いんだー♪と

ちなみにいつもカバオと一緒にいる うさぎの名前は
「うさこちゃん」 もう一人いたような気がするけど
それは知らない。あとで調べるよ!

Sponsored Link

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください